週に一回 全身脱毛

週に一回の全身脱毛☆

私は仕事を複数してます☆
3つなんですけど!笑

 

ほぼ内勤なんですが、週に一回だけ
やらしい意味じゃなく露出のある仕事が週に一度あるんですねえ!
でもって、年中脱毛が必要なのです。
なんせ接客なので、そんな見てないかな?と思うのですが、
やっぱり女として、美意識としては毛は嫌じゃないですか?

 

ってことで毎週その仕事の前の日には
全身にカミソリをあてがう訳になるんですが、こんな事をもう1年続けているとお肌に
悪いんですよね!
気づくのが遅いんですが。笑

 

友達なんかはもう60万円の全身脱毛をしてるので、
なんて羨ましいと思うのですが私にはそんな大金ないので
今脱毛について悩んです。

 

方法と言うか打開策というか、
まず、絶対に目に入るであろう所はワックステープでべろ〜んと
剃り跡や傷の行かないように、ただ、やっぱり綺麗になってないので
軽くカミソリを通します!仕上げのように!

 

で、脇ですね!脇は職業は無関係なのですが、
良くないと聞きますがこまめに抜いてます。
えーって絶対に思われると思う!
だって毛穴が広がるってよく聞くしなあ。。
でも、抜いていくと毛が細くなるので抜いいちゃいます☆
で、前日に薄い毛を剃ります!

 

デリケートゾーンは彼氏には悪いけど剃って
ナチュラルにこんな感じですって思わせてます。笑

 

私のムダ毛との戦いは長そうだなあ!

男性の

日本で脱毛や体毛の処理と言うと、女性の腋毛についてが一番に思い浮かぶのでは無いでしょうか。
腋毛を剃る習慣が日本に伝わったのは明治時代、腋の見えるドレスを上流階級の女性が着るようになってからだそうで、
江戸時代の春画などを見ると女性にも腋毛がしっかり描かれています。

 

日本では女性が腋毛を処理するのは今や当たり前と言ってもいい文化になっていますが、欧米では腋毛のみならず、
男性も含めてアンダーヘアまで処理する文化もあるそうです。
また、イスラーム教圏では男女ともに体毛を剃る習慣があります。

 

宗教的な習慣は別にしてアンダーヘアのように縮れた毛が生えた腋や脛毛などは
単に見栄えの面でも良いものでは無いでしょう
(髭がそうであるように毛深さを男臭さの象徴として捉え、好む女性もいるかも知れませんが)。

 

この記事を書いているのは夏ですが、服装は半袖、私服ならば半ズボンも多くなり、
男性の脛毛や手をあげた際など腋毛がちらりと見えることも間々起こるようになります。

 

気にし過ぎかも知れませんが、目にする度「暑苦しいなあ」と心中で思ってしまいます。
日本ではまだ一般的とは言えませんが、男性にも薄着の季節くらいは、
日常生活でも目につきやすい部位である腋の下や脛の脱毛の習慣が広まればいいな、と考えています。